顔の産毛を除毛クリームで処理すると

顔の産毛を除毛クリームで処理すると

顔の産毛を除毛クリームで処理すると、除毛はできますが、お肌へのダメージはどれほどのものかは個人差があります。除毛クリームというのは、塗っただけでスルスルとムダ毛を処理出来るとっても便利なアイテムです。

 

「脱毛」は毛を毛根から全て無くすことを言います。エステや美容クリニックで行う処理は脱毛処理ですね。また、毛抜で抜くのも脱毛です。それに対し、「除毛」とは表面に見えている毛を取り除くことを言います。カミソリやシェーバーでの処理は除毛になります。除毛は目に見えていない皮膚の下にある毛はまだ残っているため、一定期間が経過するとまた今まで通り生えてきます。

 

そのため「除毛クリーム」と呼ばれているクリームは定期的に表面に出てきた毛を取り除くだけで、脱毛のような長期間毛が生えてこないという効果がないのです。

 

除毛クリームには「チオグリコール酸カルシウム」や「アルカリ剤」という成分が含まれています。私達の体に生えている毛はケラチンというタンパク質で出来ているのですが、除毛クリームに含まれている成分がそのタンパク質を溶かすことで除毛するという仕組みになっています。

 

除毛クリームの成分がタンパク質を溶かすということは、私達の肌にもダメージを与えることになってしまいます。皮膚もタンパク質で作られているため皮膚も一緒に溶かすことになってしまうのですね。

 

敏感肌の人や肌が弱い人が除毛クリームを使うと真っ赤になったり、ヒリヒリしてとっても痛いというトラブルがあるのも事実です。また、赤みや痛みが出ない人でも少なからず肌へのダメージがあるということを知っておくべきだと思います。1度で大丈夫でも、2度目、3度目はわかりませんよね。

 

肌に対するダメージが大きい除毛クリームを顔に使うとどのようなことが起こるでしょうか?顔は体の中でも特に皮膚が薄い箇所です。皮膚の薄い顔はとても敏感なため、そこに毛を溶かすほどの除毛クリームを塗ると肌に与えるダメージが大きすぎます。

 

除毛クリームを使用する脛(スネ)や腕など皮膚の厚い箇所でさえ、肌トラブルが起こる可能性のある除毛クリームを顔に塗ると高確率でなんらかのトラブルが起こります。

 

また、顔は常に人から見られる場所ですので肌トラブルが起こったときに恥ずかしい思いをしたり、外に出ることが出来ないということが起こりうるためリスクが大きすぎます。最近は肌に優しいと言われるアルカリ性が弱い薬剤と天然素材を使用した脱毛クリームがありますが、そのような肌に優しいとされる脱毛クリームの使用方法にでさえ、顔には使用しないでくださいと記載されています。

 

⇒顔の産毛用クリームがあるって知ってましたか?