高校生における顔の産毛処理について

高校生における顔の産毛処理について

毛の処理において、たとえば腋や背中などのムダ毛の処理は徹底的に行っていても、普段はあまり目立たない産毛の処理までは力を入れていないという人が多いです。

 

最近では高校生くらいでも当たり前に化粧をする時代となり、特に顔の産毛処理をしっかりと行えていれば、化粧乗りが良くなるだけでなく、肌を清潔かつ美しく保つことも可能となります。

 

ただ、高校生の肌は大人よりも遥かにデリケートなので、処理の際にはいくつかのコツや注意点も必要となります。そこで、顔の産毛処理について知っておくべき基本的な事項を押さえておきましょう。

 

まずは、道具選びです。特にこれといったものではなく、オーソドックスな安全カミソリや電気シェーバーなどで十分です。その際、出来るならば肌に優しい構造になっているものを選ぶとなお良いです。

 

処理を行う前には、蒸しタオルを当てて毛穴を開いておいたり、徐毛クリームなどで産毛を剃りやすくしたりしておくと、より肌に優しく処理することが可能となります。処理の方法においては、毛の流れに逆らわず、毛が生えている流れに沿って優しく剃るように心掛けましょう。

 

また、処理後は肌がダメージを負っているため、洗顔や化粧水によるアフターフォローも忘れてはなりません。

 

 

顔の産毛処理はエステサロンにおまかせしよう

顔の産毛処理方法には、カミソリで剃るものや毛抜きや除毛クリームを使用したものなどがあります。これらの方法が費用が安く、自宅で手軽にチャレンジできるのが魅力です。

 

そのため、ムダ毛に気づいたら、すぐにケアできるというメリットがあります。ですが、自分で顔の産毛処理を繰り返していると、肌に細かい傷が多数できてしまうので、腫れや赤みが目立ちやすくなってしまいます。

 

さらに、埋没毛になる可能性もあるので注意が必要です。これを予防するためには、エステサロンでフェイス脱毛するのがおすすめです。

 

フェイス脱毛は2か月から3か月に1回のペースで進めていくので、肌にかかる負担が少ないという特徴があります。そのうえ、美容に詳しいスタッフが丁寧にケアを行うので、安心して脱毛をまかせられるのがメリットです。フェイス脱毛と言うと、乾燥肌や敏感肌の人は不安に感じる人が多いようです。

 

特に痛みが気になるという人が多くいますが、脱毛マシンに注目することで肌ダメージや痛みを軽減させることができます。エステサロンで肌ダメージを抑えたい場合は、SSC方式でムダ毛を処理してみましょう。

 

脱毛効果のあるジェルを肌に塗り、毛穴から浸透させていくので、肌への刺激が少ないのが利点です。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?