【子供にも】顔の産毛処理には除毛クリームが最適!

子供の顔の産毛処理には除毛クリームが最適

小学生ぐらいの子供でも、体質によっては顔の口の周りにヒゲのような産毛が生えてきてしまうことがあります。

 

男の子なら、成長の過程にあるということで済ませられますが、女の子の場合は悩みが深刻ですので、顔の産毛処理を施してあげる必要があります。

 

子供の顔の産毛処理に、カミソリを使うのは、じっとしていられないような場合危険ですので、他の顔の産毛処理の方法を考えてあげる必要があります。

 

一般的な脱毛サロンのフラッシュ脱毛の施術は、未成年でも親の承諾を得たり、親が同伴したりすれば、受けることができますが、それでも高校生以上である必要があります。

 

小学生や、中学生だとフラッシュ脱毛の施術に伴う痛みに泣き出してしまう可能性もありますし、思春期よりも前に脱毛の施術を受けても、大人の身体になったときに、また目立つムダ毛が生えてきてしまうことから受け付けていないことが多いです。

 

小学校の女の子でも脱毛の施術を受けることができるハイパースキン脱毛の施術を施してくれる脱毛サロンもありますが、都市部に限られ、施術料金も高いので誰でも気軽に受けられる訳ではありません。

 

子供の顔の産毛処理に適しているのは、塗るだけでケアできる除毛クリームが適しています。

 

 

顔の産毛処理をすると本当にムダ毛は濃くなるのか

顔の産毛処理をすると顔の産毛は濃くなると聞くと、処理にためらいが出てきます。結論から言うと、ムダ毛が濃くなったように見えるだけであり、毛量が増えて毛深くなることはないです。

 

顔の産毛処理をする、剃刀での処理はムダ毛をカットする方法なので、断面が平たく目立ちやすくなります。平たい断面がそのまま成長をするので、毛穴の上から見れば今までよりも、毛が太く濃くなったように見えます。

 

これが産毛処理をすると、産毛が目立つようになるというからくりです。顔の産毛をシェービングしたところで、本当に毛量が増えてしまうとか、毛が太くなるということはないです。産毛はとても細くて、毛先も細くて目立ちにくいですが、剃刀などでシェービングをすると、断面図は目立ちやすくなります。

 

そのまま伸ばせば産毛は目立つだけですから、適度に正しいシェービングをして、顔には産毛の目立たない状態を、長く維持するようにすることです。顔のシェービング処理で肌への負担を少なくするために、乾いたままの肌に剃刀を当てるのはご法度です。

 

肌は柔らかい柔軟な状態にして、剃刀の刃も滑りやすくすること、シェービングクリームなどは利用をします。処理後の肌には、乾燥対策で保湿をするようにします。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

 

 

脱毛で口周りの産毛を綺麗にケアしよう

脱毛というと、腕や足、両脇のムダ毛を処理するものというイメージが強くあります。ですが、背中やえりあしやVIOラインなど、自分でチェックして処理するところが難しい部位をケアするのにもおすすめです。さらに、口周りの産毛やおでこ、頬など、肌がデリケートな部分も脱毛でケアするようにしてみましょう。

 

口周りの産毛やおでこ、頬などの顔のムダ毛は、カミソリやシェーバーで自己処理する人が多くなります。けれど、これらの自己処理は肌の表面に見えるムダ毛だけを剃るため、すぐに生えてしまうというデメリットがあります。

 

さらに、肌の表面に多数の傷を作る可能性があるため、ヒリヒリとした痛みや腫れ、赤みが出やすいというデメリットもあります。ですが、美容クリニックやエステサロンで施術を行えば、ムダ毛を根元から処理することができます。

 

さらに、美容に詳しいスタッフが最新のマシンを使用して丁寧にケアを進めるので、肌にかかる負担を大幅にカットすることができます。脱毛施術は、保湿効果や美白効果の高いローションやクリームを使用しているのも特徴です。これにより、乾燥肌やシワ、シミやそばかすをケアしながら産毛を取り除くことが期待できます。

 

 

口周りの産毛を安全に抜く方法

口周りの産毛はとても気になりますので何とか処理したいところです。痛みがなくて処理時間もかからないカミソリやシェーバーで剃る処理を安易に選んでしまいがちですが、剃るとすぐに生えてきてしまって毎日忙しくなります。

 

処理間隔をあけないと、そのうち剃り損なって目立つムダ毛を人に見られてしまうという失態も起こるかもしれませんので、剃るよりも抜く方法を選ばなければなりません。

 

口周りの産毛を抜く方法はたくさんあります。自分で手軽に数本程度を処理するのなら毛抜きを使うのが手っ取り早い方法です。処理をし終わったら、しっかりと保湿を行うことも忘れてはいけません。

 

他にも脱毛クリームは全く痛みがなく、除毛よりも少し深い部分で処理を行える方法です。脱毛器を使う場合にはフラッシュ脱毛器を選ぶと本格的なケアが行えます。痛みもかなり小さいのですが、メリットはそれだけでなくムダ毛の再生組織にまで影響を与えることのできる方法ですのでムダ毛が濃い、太いなどの悩みを根本から解決してくれます。

 

再生したてのムダ毛がチクチクするようなこともありませんし、段々と毛穴が開くようなこともありません。肌のことを考えると、この再生しない方法が一番良いのかも知れません。

 

 

顔の産毛をなくすことは出来ないの!?

顔の産毛を完全になくすことは出来ません。それは、永久脱毛(医療脱毛)かエステサロンでの(半永久脱毛)脱毛となります。
それでも、1本残らずというのは大変な作業ではないでしょうか。

 

一時的に顔の産毛をなくすことなら、電気シェーバーでそればいいと思います。抑毛クリームやローションを使って、顔の産毛を薄くすることはできると思います。

 

でも完全になくすのは、身体が身体であることを否定するようなものですから、必要であるか生えていると認識して、ある程度は許容した方がいいと思います。
なぜなら、永久脱毛やエステサロンで脱毛して、顔の毛穴が空っぽになると、それだけ顔は肌を守るために皮脂を分泌します。

 

つまり、顔に産毛がなくなると、肌は不都合だと感じて、皮脂を分泌するので、それが毛穴に詰まったり、酸化したりして黒ずみを起こします。
もちろん余計な皮脂ですから、ニキビにもなるかもしれませんし、化粧崩れも早くなるかもしれません。

 

脇のレーザー脱毛をした人は経験があるかもしれませんが、永久脱毛をすると、脇汗をかきやすくなるとか。
それだけ、いままであった毛根がなくなると、肌は頑張って肌を守ろうとして汗や皮脂を分泌するのだそうです。

 

では、どうすればいいのかと言えば、顔の産毛とはうまく付き合っていくということです。永久脱毛も、上記のリスクを知った上でカウンセリングを受けて生えてこないようにするのもいいかもしれません。

 

他には定期的に顔に優しい電気シェーバーで剃り、保湿をたっぷりします。顔の産毛が細くなったり、生えてくる周期が遅くなったりするような抑毛クリームも開発されていますので、併用で効果が倍増です。

 

まず、顔の産毛を処理しつつも、生活習慣を見直していくことも考慮してはいかがでしょうか?
それで、顔の産毛も薄くなる可能性は大です。

 

更年期(閉経前5年前ぐらいから、閉経後数年)は、ひげどころか、うつや頭痛、いらいらに悩まされる可能性があります。
それに備えるには、今から食生活、睡眠時間、規則正しい生活に、自分が没頭できる趣味を見つけておくことです。

 

そうすれば、自分なりのストレス発散法がわかり、何かぴりぴりするようなことがあっても、趣味の時間を作るだけですっきりしたりするものです。それまでは、最小限で顔の産毛の自己処理を丁寧に行いましょう。

 

もう1つ、女性ホルモンがいくつになってもとても重要や役割をしてくれますので、なるべく大豆製品を意識して取り入れ、女性らしくふるまってください。

 

⇒顔の産毛専用クリームがあるって知ってましたか?

更新履歴